中古マンションのよいところについて!その魅力とは

中古のマンションとは安いです

基本的に不動産というのは建物の場合、新築ではないことに物凄くメリットがあります。それはかなり安くなる点です。日本はどうしても新築主義、という側面がありますから、これがとても安く買うことができる方法としてお勧め出来るといえるでしょう。但し、どの程度の築年数であるのか、ということは確認するべきです。そこからどのくらい使えるのか、ということを判断できるようになります。それこそが中古マンションのポイントです。

競売で買うということについて

最近では玄人の買い方であった競売も視野に入れる人が増えています。これは市価よりは遥かに安く買うことができますから、非常にお勧めできるのです。しかし、注意した方がよいことがいくつもあります。具体的にいいますと居座り、追い出す事に関する問題です。実際に見に行くこと、下見をすることができないので誰がいるのか、ということがわからないのです。そうしたことも含めての価格になりますから、まさに玄人好みになっています。しかし、安いです。

中古であることのデメリットとは

確かに中古であれば色々と嫌なこともあるでしょう。それに耐久年数的にはどうしても新築に劣る事になります。しかし、費用対効果的にはかなりお勧め出来ることになりますから、是非とも選択肢に入れるべきでしょう。まずはイニシャルコストを抑えることが物件を買う時の基本になります。維持費に関してはほぼ変わらないです。多少、固定資産税が安いことがありますが、それはそこまで大きな違いになることはないですから、気にしないでも良いでしょう。

近年築の古いマンションを再利用するリノベーションマンションが増えており、内装や間取りなども自分で決める事が出来るのでとても人気があります。