賃貸の社宅!?管理を外注すれば手間も省ける

昔は社宅を構えていた企業

昔は全国展開をしている企業に働いている人にとっては転勤はつきもので、銀行では2、3年で転勤が発生したりしていたのです。会社としても支店がある地域においては、転勤してきた社員が直ぐに働けるようにと寮や社宅を建設していたのです。しかし建設して自社で管理をするとなると建物のメンテナンスをはじめとして手間がかかったり、建物の老朽化で修繕や場合によっては建てなおしをしたりと経費的にも負担になっていたのです。

賃貸物件を社宅契約とする

最近では自社で社宅等を持つ企業が少なくなっています。支店の進出についても常にあるわけでもなく、場合によっては統廃合されたり閉店になることもあります。そのため社宅は賃貸住宅を会社名義で借りて転勤者の住居を賄うようになっています。建物自体は大家さんが管理してくれるために手間がかかることはなく、普通に賃料だけを支払うことで済みます。支店が移転したとしても、賃貸物件なので契約内容によっては直ぐに支店の近くに引っ越すことも可能です。

社宅物件の管理を外注すること

資産を自社で持つよりも、より流動的な動きができるために最近では社宅も賃貸になっています。更に社員数が多い企業にとっては賃貸とはいえども物件の管理、つまり入居から退去までの手続きをおこなうのは非常に手間になります。そのような需要のもと、最近では賃貸の社宅の管理を代行してくれる企業も現れています。退去の際の大家さんとの交渉、立会、修繕等も代行しておこなってくれるために社員数が多い企業とっては非常に便利な存在になっています。

北海道の江別市は、緑や自然が多く残る地域ですが、商業施設や住宅地も多くあります。また、交通の利便性も良いことから、江別市の賃貸住宅は生活環境が整っています。